引越し時の不用品処分で迷惑をかけた話

数年前に引越しをしたとき、様々な方法で不用品を処分しました。
例えばカラーボックスなどは比較的脆いものだったので、自力でのこぎりを使って細かく裁断し、一般ごみとして処分することができました。

大阪のゴミ屋敷を片付け 12

当時は全く思いつきませんでしたが、リサイクルショップで買い取ってもらうのも良かったかもしれません。
ベッドやタンスなどの大きなものは引越し業者に回収してもらうことにしました。

実はここで引越し業者の方々に迷惑を欠けてしまったことがひとつあったのです。

申請した当時は学習机を新居でも使おうと思っていたため運び出してもらう手はずだったのですが、いざ新居で家具の配置などを考えているうちに、学習机はいらないと思うようになってしまいました。

流石に無理なお願いだろうか、そう思いつつも追加で回収してもらうことは可能かと引越し当日に聞いてみたところ、特に問題ないとおっしゃっていただくことができたのです。

柔軟な対応をしていただけて本当に助かりました。
次回引っ越しをする際には事前にきちんと処分する不用品を把握し、迷惑をかけないようにしたいと思っています。