漫画で溢れた汚部屋を片付けた

私の兄は漫画が大好きです。部屋の中を見れば漫画で溢れかえっており、机の上に山積みになっています。しかし、そろそろ片付けた方がいいのでは、という話になり片付けが始まりました。兄は隙間という隙間に本を差し込んでいました。彼が読む漫画は長編ものが多く、長いもので90巻はあります。これを今までどうやって整理していたのだろう。そういった素直な疑問が浮かんだわけですが、蓋を開けてみますと、驚くことに棚の中はびっしりと漫画だらけだったのです。金太郎飴形式、とでも言いましょうか。奥へ奥へとどんどん漫画が埋められているのです。一番奥まで手を伸ばしてみると、こんもりと埃のかぶった漫画が出てきました。これはダメだと思い、手間ですが全部書き出して空気の入れ替えをしました。掃除機をかけてから埃を取り、漫画も丁寧に吹いたのです。読まないなら売ればいいと思うのですが、兄は決して売ろうとはしません。あれからもう2年は経ちますが、また埃まみれになっている気がしてなりません。