大阪でもゴミ屋敷が増えています

近年、ゴミ屋敷がどこの町でも問題視され、自治体が住民に過大な迷惑を掛けているこうしたゴミ屋敷に対し、改善命令を出したり、代執行を行える条例を制定して対策を進めようとしています。

大阪市や大阪府の自治体でもこうした施策を講じています。

大阪のゴミ屋敷を片付け 02
しかし住居の外に物が溢れ、道路を占拠しだした場合には、それを簡単に撤去する事も出来るでしょうが、住宅内については、余程の事がなければ立ち入って強制的に改善に向けて手を出す事は難しいのが実態です。
また大阪市の近郊の市では、住居内がゴミで溢れ、近所ではゴミ屋敷と囁かれていた住宅が連続して火災やぼやを出して話題となった事もあります。

物で溢れた室内で火を使えば、当然火災のリスクも増えるのです。
ゴミ屋敷になる原因としては、精神的な課題を抱えて居られるケースもありますし、単にかたずけられず放置していつしか自力では対処できなくなったケースもあります。
自分が片付けが出来ず、このままでは室内がゴミ屋敷化するリスクを感じた時に、思い切って業者さんにお願いして掃除を行ってもらうべきです。

また精神的に課題を抱えられているケースでは、身内の方がゴミ屋敷化する前に、業者さんにお願いして清掃をしてもらうと共に、心のケアを施されるのが重要でしょう。

火災を起こし、近所に迷惑を掛けてからでは、取り返しがつきません。