散らかった部屋にしないため心がけたこと

一人暮らしをする時は賃貸マンションの部屋を借りましたが、家事や掃除などを一人でしないといけないため様々なことを面倒くさいと感じたものです。散らかった部屋になる原因はゴミをそのまま放置する癖が付いたためで、しないようにするためには定期的に出すことを習慣付けました。ゴミは室内に多く散乱すると不快なにおいが発生し、憂鬱になってやる気が出なくなるものです。一人暮らしをする時は服ににおいが付着すると周囲に迷惑をかけてしまうため、ゴミは一箇所にまとめて蓋をして溜まればすぐに出すことが重要だと感じました。散らかった部屋になる要因はただ単に自分自身が積極的に片付けなかったためですが、ゴミ出し自体はすぐに終わるために習慣付けることが重要だと後悔したものです。ゴミ出しは仕事が忙しくて疲れていると積極的にしなくなるもので、そのことが認識の甘さでもあると感じました。このため、自然と体が動くように自分に言い聞かせ、すぐにゴミを出すように心がけています。